精神科看護師の将来性

精神科看護師の将来性

【注目される精神科】

人の心や精神は数値化する事が出来ない分、医療のプロでも戸惑う事が多い分野です。しかしストレスや精神疾患などが社会問題として知られるようになり、メンタル面でのケアも重要な課題としてあげられるようになった昨今、精神科及びそこで働く意思や看護師にも注目が集まっています。

【精神科の看護師は優秀じゃない?】

少し前まで、精神科の看護師は看護師としてはあまり優秀じゃない人が多い、と言われていました。それは精神科から内科や外科から移動してきた看護師が医療行為に不慣れであったから、と言われています。

精神科では投薬治療がメインになるため、医療行為自体が少ないのです。そのため、日頃から医療行為に携わっている内科や外科の看護師からすると「精神科の看護師はこんな事も出来ないのか」と感じてしまったのでしょう。精神科看護師は確かに医療経験が少ないかも知れませんが、しかし看護師として劣っているわけではありません。それぞれの科で特徴や求められる技術・知識が違うように、精神科看護師もまた精神科ならではの技術を身に着けているのです。

【期待される将来性】

精神科の必要性は、もはや敢えて説明するまでもないほどです。近年では精神科救急なども出来、以前よりも活躍の場が増えました。また、平成24年には精神科リエゾンチームの診療報酬加算が新設されました。これは全ての患者、及び医療従事者にとって、精神医療が非常に重要であり、必要性が高いものであると認められたと言う事です。

精神科は、将来性のある科です。当然、そこで働く医師や看護師も今後需要が高まっていくでしょう。精神科看護師が他の科でなかなか上手くいかないと言う例があるように、他の科の看護師が精神科で上手く立ち回れると言う保障もありません。そもそも、他の科では時間を惜しむようにきびきびと動いていても、精神科にくるとまず自分のペースで仕事が出来ません。患者のペースに合わせ、「待つ」事も必要とされるのです。勿論その時にイライラとした様子を患者に見せるのはNGです。また精神科での治療は投薬をメインで行うため、注射などの医療行為が無い代わりに、豊富な薬剤の知識がなければ勤まりません。「これはどう言う薬なの?」と聞かれた時、すらすらと説明出来なければならないのです。

精神科看護師は、自身の職場で必要なスキルや技術を身に着け、自分達にしか出来ない仕事をしているのです。精神科看護師の将来性・需要は今後ますます高まっていく事でしょう。

看護師求人<精神科>人気ランキング!まずは登録してみよう!

マイナビ看護師

URL:http://iryo-de-hatarako.net/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースではたらこ

URL:https://iryo-de-hatarako.net/ ※業界大手のディップの仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※利用者した看護師の満足度が高い





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人<精神科>人気ランキング All Rights Reserved.