海外に携わる精神科看護師求人

海外に携わる精神科看護師求人

【世界で活躍する看護師】

看護師と言えば、広く知られている職業の一つです。中でも精神科看護師は精神科に注目が集まると共に需要も高まっています。そしてそれは日本だけではありません。海外でも、精神科看護師は需要が高い職業になります。看護師の中には語学堪能な人も居るでしょう。海外には日本より遙かに精神看護の技術や体制が整っている国もあり、そのような国で看護に携わりたいと言う精神科看護師も多いです。しかし、日本の精神科看護師が海外で働く事は出来るのでしょうか。また、求人はあるのでしょうか。

【海外で精神科看護師として働くには】

日本の看護師が海外で働きたいならば、NPO法人に勤めると良いでしょう。ボランティアを派遣するNPO法人では、精神科看護師を海外へ派遣するケースもあります。派遣ではなく、海外で暮らしながら本格的に看護師として働きたいならば、当然の事ながら現地で看護師の資格を取得しなければなりません。看護師の技術や知識の基準は国によって違います。日本で看護師資格をとっていたとしても、海外では通用しません。

【海外で看護師資格を得るために】

海外で精神科看護師として働くためには、まず現地で看護師の資格を取らなければなりませんが、そのためには現地の言語に堪能でなければなりません。最低限、現地の公用語の読み書きやヒアリングが出来なければ試験に挑む事は出来ませんし、資格の取得が出来たとしても、現地の人と医学用語を交えて問題なく遣り取りが出来るだけの言語力が求められます。加えて、精神科看護師は患者とのコミュニケーションが求められる仕事です。海外で働きたいと考えているなら、まずは自分の語学力がどの程度のものかをはかりましょう。

【イギリスで看護師になる】

海外で看護師になる場合、先述した通り基本的に現地で看護師免許を改めて取得する事になりますが、実はイギリスならば看護師免許の再取得が必要ありません。日本の看護師免許があり、一定水準を越えた語学力があれば、所定の手続きをする事でイギリス国内で看護師として働く事が可能になります。看護師免許をもう一度取得する必要が無いため、海外で働きたい場合は一番の近道とも言える制度ですが、登録審査は厳しいので誰でも審査に通ると言うわけではありません。

【海外の求人】

海外で看護師の資格を得ても、求人があるか不安を感じる方も多いでしょう。日本が看護師不足であるように、アメリカやヨーロッパでも看護師は不足していますので、求人はちゃんとあるので、あとは当人のやる気次第です。

看護師求人<精神科>人気ランキング!まずは登録してみよう!

マイナビ看護師

URL:http://iryo-de-hatarako.net/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースではたらこ

URL:https://iryo-de-hatarako.net/ ※業界大手のディップの仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※利用者した看護師の満足度が高い





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人<精神科>人気ランキング All Rights Reserved.