精神科看護師に多い悩み

精神科看護師に多い悩み

【精神科看護師は気苦労が多い】

精神科看護師は注射や外傷の治療などの医療行為は少ないですが、精神看護師ならではの悩みも抱える事になります。精神科看護師は人の心に触れる仕事であり、精神科看護師自身も働いているうちに心のバランスを崩し、ストレスを溜めてしまう事は決して少なくないのです。

【ストレスが多い】

2012年に久留米大学が精神科看護師の調査をしたところ、調査対象の67,6パーセント、つまりおよそ7割が精神的に不健康な状態であると判明しました。厚生労働書の調べでは、日本国民の54,2パーセントがストレスを感じていると言う調査結果が出ていますが、約7割はそれを遙かに上回る結果になります。この調査結果から分かるのは、精神科看護師が非常にストレスを感じる職業であると言う事です。

精神科看護師は医療行為が少ない分、他の科の看護師からは楽だと思われがちです。事実、内科や外科での仕事がハードで精神科看護師への転向を希望する、と言う看護師は決して少なくありません。しかし精神科看護師には、外からは分からないストレスがあるのです。

【人間関係の悩みを抱えている】

精神看護師が抱える悩みの中でも、取り分け多くの人が頭を抱える事となるのが人間関係の悩みです。同僚の看護師や医師はもちろん、患者さんとの人間関係がストレスとなり、常にピリピリとしたり、抑鬱状態になってしまいます。一人で仕事をしているわけではない以上、職場での人間関係は避ける事が出来ません。どこかで折り合いをつけないと、ストレスで押し潰されてしまうでしょう。

【仕事に対する満足度が低い】

精神科看護師の待遇は、決して悪いものではありません。むしろ、ほぼ時間通りに帰れる事や、体力をあまり使わないで済む事を考えれば、他の科に比べて良いと言う場合が多いです。しかし、そうであるにもかかわらず職場や仕事に対して十分に満足出来ている人が少ないのは、やはり人間関係の悩みや、向き不向きを考えさせられる職業だからでしょう。

他の科の看護師にも向き不向きはありますが、精神科看護師はそれが取り分け顕著にあらわれます。生来の性格など、努力では補い切る事が出来ない部分もあるので、向いていない人にとっては職場に居るだけで辛い、なんて事もあります。精神看護師は年々需要と将来性が高まる職業ですが、転職の際には仕事内容や人間関係に軋轢が生じる可能性をしっかり把握し、自分に出来るのかをよく考えなければなりません。

看護師求人<精神科>人気ランキング!まずは登録してみよう!

マイナビ看護師

URL:http://iryo-de-hatarako.net/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルートの仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※利用者した看護師の満足度が高い





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人<精神科>人気ランキング All Rights Reserved.