精神科看護師の自己PR

精神科看護師の自己PR

【精神科看護師になりたい】

精神科の看護師は、内科や外科の看護師とは少し仕事内容が違います。内科や外科で看護師としてバリバリ働いてきたからといって、精神科看護師としてもやっていけるとは限らないのです。人の心は未だ未知の部分も多く、人によってあり方が違うもののため、一概に「こんな時は、こうすれば良い」とは言えないところがあります。また外傷などの治療や医療行為が無い分、患者の状態や変化が分かりにくく、生活の補助やコミュニケーションに労力を割きます。

【精神科看護師に求められるもの】

精神科では、明確な数値を出す事が出来ない病気と闘う事になります。医療行為は少ない代わりに、精神科ならではの知識や対応が求められるため、精神科未経験の方が「他の科でも問題なく働けたから精神科でも大丈夫」とは思わないようにしましょう。精神科看護師に求められるのは、まず観察力です。患者さんの僅かな表情の変化や仕草から、その人が何を考えているのか、何を求めているのかを理解しなければなりません。そしてそこから患者さんと意思の疎通を図るためのコミュニケーション能力も必要です。これは精神科看護師として働くうちに磨かれる事もありますが、個人の性格や資質にも影響します。次に、心に余裕がある事。精神科の患者さんの中には言動が一致しなかったり、言う事がコロコロ変わったりする人も少なくありません。

精神科で働くには、患者さんの不安定な精神と言動に振り回されない人が向いていると言われています。そして最後に、精神科看護師として働く上で一番重要になるのが、薬剤の知識です。精神科看護師は他の科に比べて医療行為が少ない代わりに、薬の管理の比重が大きくなります。薬は当然患者が服用するものですが、患者の中には自分がどのような薬を飲み、どのような効果や副作用があるのかを詳しく知りたがる人も少なくありません。患者の不安を和らげるためにも、正しい薬の知識を身に着けてきちんと説明出来るようにしましょう。

【精神科看護師になるための自己PR】

精神科看護師になりたいなら、自己PRは精神科看護師が何を求められているのかを理解した上で、「自分にはこのような事が出来ます」とアピールする事です。具体的には、精神や言動が不安定な患者さんのアクションを根気良く待つ事が出来る、相手の表情や言葉から意図を汲みコミュニケーションする事に優れている、薬に関する豊富な知識があり他者へ説明する事が出来る、などです。

看護師求人<精神科>人気ランキング!まずは登録してみよう!

マイナビ看護師

URL:http://iryo-de-hatarako.net/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースではたらこ

URL:https://iryo-de-hatarako.net/ ※業界大手のディップの仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※利用者した看護師の満足度が高い





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人<精神科>人気ランキング All Rights Reserved.