精神科看護師の配置基準

精神科看護師の配置基準

精神科看護師の配置基準について見ていくと、そもそも精神科病棟では、男性の割合が高く、現場での需要も非常に高くなっています。精神科では時として、看護師が力で押さえつける必要のある場面が出てきます。1人の患者が、例えば暴れてしまって、他の患者さんや看護師に危害を加えてしまう時や、あるいは患者がリストカットなどをしてしまう場面では、特に男性の力が必要になってきます。

精神科では、特に入院治療を行っているところなど、精神的に不安定な方がいるために、もしもの場合に男性看護師が対処する場面がでてきます。そうなると、全体としては女性の多い看護師ですが、特に男性の需要が高くなっている科と言えます。求人などを見ても、男性歓迎と表記してあるところも見受けられます。しかし、だからと言って、女性の看護師が採用されないということではありません。患者さんの中には当然ながら女性の方もいます。精神が不安定な中で、男性にケアされることを嫌がる人、それが精神に影響を与えるケースも考えられます。ですから、女性看護師も絶対に必要になります。

一方で、配置基準については、3カ月から1年未満の患者を抱える病院で、看護師と医師の割合は3対1の配置が基本になっています。そして、精神保健福祉士、作業療法士といった人材を一定割合配置していくことになっています。

その他、精神科の労働環境などを見ていくと、一般病棟と比べた場合、男性看護師の多さに加えて、看護師の年齢も高めになっています。精神科は業務が特殊な一方で、労働時間や休日などの面は他の科よりも優れていると言われています。例えば院内でレクリエーションを行うところ、福利厚生は充実しているところも多く、中には有給を9割以上消化できているところもあります。労働環境は優れているということで、精神科への転職を希望する看護師の方もいるほどです一方で、給料は平均かやや低めといったところが多いです。

このように見ていくと、精神科はこれまでは男性中心の職場といったイメージもありましたが、以前と比べれば女性でも無理なく働ける場所と考えていいかもしれません。精神科にかかる人の数は、精神病に対するイメージや偏見が無くなってきたこともあって、増加しています。今後も需要は伸びると考えられます。また、純粋に精神科の医療や治療に興味を持つ人も増えてきているでしょう。配置基準はあるものの、女性でも採用可能な科です。転職サイトなどを利用して実際の業務や環境を詳しく調べ、求人を探していくといいでしょう。

看護師求人<精神科>人気ランキング!まずは登録してみよう!

マイナビ看護師

URL:http://iryo-de-hatarako.net/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースではたらこ

URL:https://iryo-de-hatarako.net/ ※業界大手のディップの仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※利用者した看護師の満足度が高い





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人<精神科>人気ランキング All Rights Reserved.