育児がしやすい精神科看護師求人

育児がしやすい精神科看護師求人

【看護師の結婚と出産】

看護師の中には、結婚・出産をしている人も多く居ます。女性が多い看護師にとって、結婚・出産はいずれ必ず考えなければならない要素になります。看護師はどこへ行っても多くの求人がある事から、ブランクがあっても再就職がしやすいため、女性から人気の高い職業です。出産を機に看護師を辞めたけれど、家計を助けるために子供を保育園に入れてもう一度看護師として働く事を決めた、と言う人も多いでしょう。しかし一方で、看護師はとてもハードな仕事になります。まず体力がいりますし、ストレスも多いです。加えて医学は日々進歩しているので、自分なりに勉強をしなければなりません。看護師をしながら家事・育児も完璧にしたい、と言う場合はどうしたら良いのでしょうか。

【育児をしやすい科への転属】

一口に看護師と言っても、どの科や病棟に配属されるかで忙しさや勤務形態は変わってきます。例えば外科や内科は忙しいですし、看護師がやらなければならない医療行為も多いです。しかし一方で、精神科に配属された看護師は医療行為が少ない分、体力的な余裕があり、定時に帰宅する事が出来ます。精神疾患や認知症の患者を抱える精神科では、先述した通り注射を打つなどの医療行為は少ないです。治療は投薬がメインになるので薬剤の知識は必要になりますが、そこは日頃から勉強していれば問題ないでしょう。

【体力的な余裕がある】

看護師と言えばあちこち走り回り、大人の患者さんを抱えて移動し…と、とにかく体力を使う仕事です。毎日クタクタになりながら働いて、家に帰ったら休む間もなく家事・育児をするとなると、体力的にダウンしてしまうのは時間の問題でしょう。しかし患者の生活の補助やコミュニケーション、薬の管理がメインとなる精神科看護師は、定時に上がれると言う事もあり、体力的な余裕を残したまま帰宅する事が出来ます。もちろん精神科看護師だからと言って、働きながらの育児が楽なわけではありませんが、体力的な余裕があれば、まだものが分からず聞き分けのない子供に対してもイライラせずに優しく接する事が出来ます。

【身体の余裕は心の余裕】

体力が追い付かなければ家事も完璧にこなす事が出来ず、気持ちにも余裕が無くなります。看護師には几帳面な完璧主義の人が多いので、家事・育児が思うようにこなせないとピリピリしてしまい、お子さんにも悪い影響が及んでしまう事があります。家庭に回す体力を残しておく事が出来ると言う点で、家庭では「お母さん」をしている看護師にとって精神科は非常に良い環境であると言えます。

看護師求人<精神科>人気ランキング!まずは登録してみよう!

マイナビ看護師

URL:http://iryo-de-hatarako.net/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルートの仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※利用者した看護師の満足度が高い





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人<精神科>人気ランキング All Rights Reserved.