60代の精神科看護師求人

60代の精神科看護師求人

精神科看護師求人の中でも、60代といった高齢での採用は可能でしょうか。結論から言えば、可能です。精神科に限った話ではないですが、医療の現場では経験が重視されます。医師などを見ても、70代やそれ以上で現役で活躍している人もいます。看護師でも同じであり、長年培った経験を生かして、長く働いている人は多く存在します。精神科でも例えば高齢者の認知症患者を相手にする職場で、60代の看護師が活躍している例もあります。求人を見ても年齢不問という表記があるので、充分働ける可能性はあります。ただし、これだけは外せない条件として、精神科での勤務経験があります。はっきり言えば、60代という高齢での採用の場合、これだけが唯一の条件と言ってもいいでしょう。その理由は、未経験の場合はある程度研修を行ったり、実務の中で知識やスキルを身につけることになります。それが60代となると、難しくなってくるからです。

60代の方が未経験で採用されたとすれば、当然ながら経験のある看護師から指導を受けることになります。また、新たな知識を吸収することも必要です。若いうちの方が新たな環境への適応力は高く、高齢で新たな知識を得て、環境に適応していくのは本人はもちろん、周囲への負担も大きくなります。そのために、高齢での採用の場合には経験が必須となるのです。また、あまりブランクが長すぎるのも問題でしょう。せいぜい数年までが限度です。そして、精神科での経験ができるだけ長いほうがいいでしょう。これらの条件を満たせば、高齢でも充分に応募できる求人はあります。

看護師の資格は、一般に「一生仕事に困らない」などとも言われています。精神科に限らず、高齢で現場で活躍している人はかなり多くいます。しかし、そのほとんどは、同じ職場で長い経験を積み、そのまま一般企業の定年を超えて働き続けています。もしくは、同じ科にずっと勤め続けており、休職期間などをほとんど設けずに、別の職場へ移ってそのまま仕事をするといったパターンが多いでしょう。経験のあるベテランの看護師は、職場が求めていることも事実です。即戦力であることはもちろん、看護師のリーダーとしての役割も果たせるからです。経験が豊かであると、若い看護師の教育はもちろん、緊急時での対応力が非常に高いです。

このように、基本的には看護師の採用に年齢制限はなく、精神科で高齢での採用も可能となっています。経験が一番重要になるので、応募の際にはそれをしっかり売り込めるようにしましょう。

看護師求人<精神科>人気ランキング!まずは登録してみよう!

マイナビ看護師

URL:http://iryo-de-hatarako.net/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースではたらこ

URL:https://iryo-de-hatarako.net/ ※業界大手のディップの仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※利用者した看護師の満足度が高い





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人<精神科>人気ランキング All Rights Reserved.